青イ森ニ居リマス

アクセスカウンタ

zoom RSS 南田温泉 アップルランド その3

<<   作成日時 : 2008/02/24 01:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

脱衣所には『温泉遺産』という証書がありました。
(浴場内ですので、写真撮影は自粛。)

証書をメモして、検索してみましたところ・・・

南田温泉アップルランドは
平成19年7月に温泉遺産に登録されています。

画像がないのは寂しいので、夜の南田温泉(帰り際)。

画像



・・・・・・ヘッポコ写真でスミマセーン!! m(_ _)mペコペコ



あー、さて・・・と
青森県内の有名どころの温泉は、大抵登録されています。・・・が

青森には記載されていない温泉遺産がまだまだ沢山ありそうです。

でも、ココの頁の『酸ヶ湯』ならぬ『酸々湯』といい
『ビバ千人風呂』といい・・・はぁ〜あ、ビ〜バのんの!!

そりゃー圧巻ですわなー。なんてったって、ビバだもの。

勝手なイメージ的に、ラインダンスのように千人揃って
ミュージカルの如く、風呂内で一斉にドリフのエンディングの舞。

ばばんば ばん ばん ばん! あビバのんの!!

・・・揚げ足取りでスミマセン。(本当は『ヒバ千人風呂』ね。)m(_ _)m
一人モニタの前で、晩酌の酒が鼻に入るくらいウケましたもので・・。

酸ヶ湯も(数年前に)一回行ったきりですねー。また行かなくては。



温泉事情で昨今ショックだったのが2008年1月中旬頃に流れた
谷地温泉閉鎖(倒産)』のニュース。(T-T) グスッ

予告も無しに、いきなりですものー。驚きました。
絶対いつか行こうと思いつつ、一回も行かないうちに・・。

さらには、平川市の『フラワーランド 憩いの湯』も
2月17日をもって閉館。(T^T) グスグス

「フラワーランド 憩いの湯」は、一回行きました。

もうかなり前(長女が2歳くらいかな?)ですから、詳細は
忘れてしまいましたが、浴場に子供用のすべり台があるとのことで
行ったのですが、壊れて撤去した後だった・・というのは憶えています。



「近いから、いつか行ける・いつでも行ける」という
地元民の気のゆるみが、『地元名所ジモティー知らず』なのでしょうか。

あらためて自分自身、深く深く反省です。

我が子に青森の良さを(楽しみながら)知って欲しいと思うと同時に
まだまだ県内日帰り旅行計画を熟慮・遂行する必要があります。

温泉はいわゆる消費行動・消費対象ではありませんが
これも一つの「地産地消」なのではないかと思います。

(日帰り旅行大好きの)自分が行ったことないまま閉鎖だなんて・・。

あまりにも刹那すぎます。野生のテンにも逢いたかった・・・。

全国的に名を馳せている有名な温泉でさえ、厳しい現状。

県、或いは市で、宿泊施設とはいかないまでも、食事無しの
日帰りの温泉地として、なんとか維持できないものでしょうか・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
南田温泉 アップルランド その3 青イ森ニ居リマス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる