青イ森ニ居リマス

アクセスカウンタ

zoom RSS THE UDON

<<   作成日時 : 2008/02/22 03:02   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

青森県民&青森市民歴、約9年10ヶ月にて初めて入りました。

ねぶたの里入り口道路沿いの食事処『つがる わら家』さま。

画像


長女も次女も麺類好きですし、常々気になっていたところですが
外観から大人の静かな雰囲気を感じまして、子連れで入るのに
躊躇していました。

軒先の情景が津軽の冬を物語って、実にイイ感じです。

画像


実は、私、麺類の中では唯一、”うどん”があまり得意ではありません。
と申しますのも、中学時代に胃潰瘍を患いまして、消化に良いからと
連日、うどんを食べさせられたというトラウマからでございます。

どーも、口の中でモサモサするのが苦手でして・・・。
「ツウはうどんを噛まない」なんて申しますが、本当でしょうか?

お店は、外観に伴って、内装も実に純和風。
子ども連れで騒いでは申し訳ないと思いつつ
今のところ、お客さんは私たちだけ。(^。^;)ホッ

相方(と次女)はシンプルの極み『釜揚げうどん』を、長女は『カレーうどん』
(最近はカレー味の麺類にハマっています)をオーダー。
ウドンが苦手な私は『釜揚げそば』をお願いいたしました。

・・が、私の蕎麦は、(細麺が良いのか)次女に取られてしまいました。

半ば仕方なく、相方のうどんをチュルッと一口いただきましたところ

(_□_;)!! ウマイじゃん!! まさに脳内饂飩革命!!

コシの強さと歯ごたえ、歯切れの良さに喉ごし、さらには
だし汁に入れた柚子の皮の風味が、実に爽やかです。

うどんの麺は、手打ちならではでしょうか、やや”きしめん”風。
デカイ徳利にタオル巻きで、注ぎやすい温か〜いめんつゆ。
(夏場は冷たいのが出てくるのかな?)

実にシンプルな味ですが、奥深い! 桶に趣きもあります。

でも、ちょっと淡泊すぎて何か物足りなさを感じていたところに
長女のカレーうどん。あっさり味のカレーですが
超ライトテイストのうどん&蕎麦には、野菜たっぷりの
カレー味が実に良いアクセント。長女も完食です。

長女は、”取っ手が付いているダシ入れの取り皿”が気に入った模様。

この3つは、私たちにとって実にベストチョイス!

中でもやはり、お店の看板『釜揚げうどん』は秀逸!!

昼食はあまり量が入らない私でも、ココのウドンなら
スルスルッと喰べられるなー・・・というのが正直な感想。

あっさりシンプルな釜揚げ饂飩や蕎麦の単品以外にも
天ぷらとのセットや、その他の単品類もありましたので
夏場の畑帰りに是非、ちょっと寄ってみたいと思いました。

早々に食べ終わった次女と私。

周りには数名のお客様がいらっしゃいますので、騒がせてはご迷惑。
また、フラッシュ撮影も、情緒気分を害されると思い
フラッシュオフでカメラを渡すと、(毎度の如く)お気に入りの構図で
次女が写真撮影を開始。

まーた、こーんなお父さんの写真だろうと思いながらも
うどんの美味さに感動しつつ、フツーの表情で次女を見つめる視線の私。

画像


フラッシュオフ&ピントが合わないままにシャッターを切った&
落ち着きのない3歳児の手ぶれで全体的にボケていますが
かな〜りイイ感じの構図で、リラックスムードが漂っています。

写真を撮るのは好きなのですが、撮られるのが不得意で
いつも構えてしまいまして、写りに納得がいかない写真が多い中
これは(思いがけず)お気に入りの一枚になりました。

('-'*)フフ 「習うより慣れろ」でしょうかね。腕を上げたのぅ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
THE UDON 青イ森ニ居リマス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる