青イ森ニ居リマス

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬のねぶたの里 その3

<<   作成日時 : 2008/02/21 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

青森市のねぶたの里。夏場には毎年来ていますが
冬の「かまくら村」を訪れるのは数年ぶり。

次女が生まれてからは来ていないので、少なくとも3年ぶり以上。

前に来た時は、かまくらに番号が振ってあって
お土産屋&食堂から行き来できた上に、かまくらの中で
ナベ料理などのお食事が出来たのですが、今年は番号がありません。

長女がお兄さんに聞いて、「やってないんだってー」って。

( ̄~ ̄;) ウーン 残念! でも、まぁ、雪降る中、ましてや吹雪くと
運ぶのも一苦労ですし、かまくらの中も汚れちゃいますし・・・ね。

かまくらの中は、真ん中奥に水神様が祀られていまして
お賽銭が置かれていました。私も、4人分のお賽銭をおいて
つきなみに、『家内安全・商売繁盛(・物価安定)』を祈念。

あ、水の神様ですから、農耕豊作と長雨躍如も祈念ですね。
さらには、「これからも、美味しいお酒に恵まれますように。」っと。


かまくらの中は外気よりも暖かく、スピーカーから流れる
「ねぶた囃子」がかすかに聴こえるくらい静かです。

座るところは、リンゴ気分で。

画像


次女は、かくれんぼ気分で。

画像


あまり人気(ひとけ)がないので、近くのかまくらを覗いては
「いな〜い。」「いな〜い。」「いたーっ!!」と、はしゃいでいます。


・・・それでもやっぱり、かまくらの中で食事を楽しみたい!!

ということで提案なのですが、巷(ちまた)で見かける
おでん缶やラーメン缶などのホット専用の自動販売機を
かまくら村の入り口(或いは中央に)設置したらどうでしょう?

県庁付近にあるという噂も耳にしましたが
ココに置いたら売れると思いますよ!?・・保証は致しませんが。(^^;;;

あっ!( ̄∇ ̄ ;) あと、一緒の自販機に
ホットのワンカップ酒があるといいですね〜。

お銚子に熱燗、しかも純米酒(醸アルまでは可)と来れば
贅沢の極みですが、現実に近くカップ酒。

飾り気はありませんが、差しつ差されつの気遣いもありません。

しばらく置いて、燗冷まし。そこに、アツアツのおでん。

( ̄¬ ̄*) はふはふ・・・・くぴっ ・・・( ( ( ´o`)ロ <(はぁぁ)


腹八分で温まったところに、〆めのラーメン。


想像しただけで、(酒飲みには)たまりませんな〜。(⌒┐⌒) じゅる







( ̄Д ̄;) ガーン 帰りに車の運転があるから呑めないじゃん・・・。

妄想が暴走して、文章だらけになってしまいました。m(_ _)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
冬のねぶたの里 その3 青イ森ニ居リマス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる