青イ森ニ居リマス

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅虫水族館 その3

<<   作成日時 : 2008/01/19 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

『水族館でのフラッシュ撮影』につきまして
浅虫水族館 広報企画課のK様から、早々にご返信をいただきました。

以下、内容を要約して箇条書きにて記載いたします。

・当館はフラッシュを使用してO.K.です。

・展示生物によってフラッシュの発光により悪影響がある場合は
 発光禁止の表示をします。(昨年、アオリイカの展示をしたときに
 その水槽だけ発光禁止の表示をしました。)

・最近の展示(2008年1月現在)では、発光禁止の場所はありません。

・水族館によっては、(フラッシュ撮影の)対応が異なりますので
 ブログを見た人が、『どこの水族館でもフラッシュ撮影は問題ない』と
 思われないように、検討してはいかがでしょうか。

ご多忙中に早々のご回答、誠にありがとうございました。
ご指導を受けまして、前々回及び前回記載の記事に追記いたしました。

2年前の11月に『イルカと記念写真』を撮った時は
撮影前の注意として、トレーナーのお姉さんから
「フラッシュは使わないようにして下さい」
指示がありまして、フラッシュを使わないで撮影したのがコチラ。

画像


やはり、自然における光量ではないので、動物、特に海洋生物に
よっては、(フラッシュの使用は)悪影響がある危険性も否めません。

新生児及び乳幼児には、頻回に近距離でのフラッシュ撮影をすると
心身の発達に良くないという研究発表もあります。

また、烏賊(イカ)漁における”漁り火”は
イカを集めるためではなく、夜行性でエサを求めて
海面近くに集まったイカを、強力なライトを使うことにより
光を嫌って船底に集まったところを網で捕まえるため、と
以前テレビで観ました。

今回は本当に、大変良い勉強をさせていただきました。

”フラッシュ撮影を許可しているから良い”という事ではなく
動物たちへの思いやりを考慮した”心配り”に気づかされました。

どうもありがとうございました。m(_ _)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
青森県営浅虫水族館
青森県営浅虫水族館(あおもりけんえいあさむしすいぞくかん)は、青森県青森市浅虫にある水族館。青森湾を望む本州最北端の水族館でもある。青森県内の豊富な水産資源や、世界の珍しい水生動物など約514種、1万1千点を飼育展示している。 浅虫水族館 浅虫には、浅虫水族館があり、目的はこの水族館。1日目と2日目の午前中。目一杯ここで楽しみました。 R1018416 新幹線で八戸まで30分なので、その後特急で50分で浅虫温泉駅に到着。新幹線に乗ったためか?以前車で浅虫に来た時よりずいぶん近... ...続きを見る
東北地方の動物園・植物園・水族館
2008/04/21 22:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
浅虫水族館 その3 青イ森ニ居リマス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる