青イ森ニ居リマス

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅虫水族館 その2

<<   作成日時 : 2008/01/17 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日の記事で、『水族館でのフラッシュ撮影は魚類の眼に良くない』
というご指摘をいただきました。大変失礼を致しました。

ネット上でも調べてみました。コチラ:水族館での注意

私が記憶しているところで、数年前はフラッシュ禁止だったトコロも
あったように思うのですが、現在はどうなんでしょうか?
私が、フラッシュ禁止のステッカーや張り紙を見落としてたのかな?

サンゴ水槽の前は、『斜めから撮るとフラッシュの反射が映りません』との
撮影ワンポイントがあったような気もしますし、また、イルカショーでは
ダブルジャンプの前に「シャッターチャンスです!」と、トレーナーの
お姉さんが「フラッシュは焚かないで」と言わずに言いますので・・・。
(もしかしたら、フラッシュ禁止は大前提だからなのかもしれません。)

年間パスポートで、館内の注意に怠慢だったところもあり、反省です。
大水槽の柱部分に、携帯電話用のQRコードが貼ってあったことや
「逆立ちアザラシ」の看板が無くなってしまったことや、

画像

(食事タイムの後に、逆立ちすることが多いです。さらに、
ペンギンなどの海獣館は、食後一斉に『幸せモード』に
なってしまい、皆、のほほ〜ん♪とした姿を見せてくれます。)

一日に数回あるイルカショーの後は、毎回清掃員がホールを
丁寧に掃除している、なんてことなどには気づくのですが・・・。

今度行った時に、インフォメーションで聞いてみることにします。
そのような『館内注意』も、浅虫水族館のHPにあるといいですね。

ご忠告、本当にありがとうございました。m(_ _)m

【いるか館】には、昨年末(?)から、新しい仲間がお目見えしていました。

画像


以前、ココにいたサニーくんは、ピッピちゃんとホクトくんと共に
初々しく、イルカショーの前半に出演していました。
なんだか、ずーっと見てきただけに(親心を感じて)嬉しいです。

いつの日か、華麗なるジャンプを魅せて欲しいですね。
その時は・・・泣いちゃうかもなー。

【追記】フラッシュの使用について(1月18日)
再度、水族館へ来訪するのは、子どもの春休みになる予定のため
取り急ぎ、水族館宛に問い合わせのメールを送らせていただきました。
なお、水族館でのフラッシュ撮影が禁止されている場合は
この記事と前記事が、水族館でのフラッシュ撮影を助長する
ことも考えられますので、即刻削除する意向でございます。

【水族館での写真撮影時のフラッシュについて】
青森県営 浅虫水族館は、その館内において、現在は全面的に
カメラのフラッシュ撮影を許可しておりますが、水族館によっては
フラッシュの使用または写真の撮影を禁止しているところもあります。

なお、浅虫水族館でも、展示する海洋生物によっては
フラッシュを使用しての写真撮影を禁止する場合もあるそうですので
館内の注意書きに留意しましょう。(加筆:1月19日)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
浅虫水族館 その2 青イ森ニ居リマス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる